シカ男の山~情熱五大陸登山旅~

私シカ男、2015年の夏から自転車で世界一周の山旅にでました。

アフリカ大陸最高峰「キリマンジャロ」登山記

キリマンジャロ

f:id:taka-shikao:20190715101254j:image

登山拠点はタンザニアのモシ(Moshi)

・標高

5895m

・登山口から山頂までの距離

35km

・ルート

マラングルート

・登山日数

3泊4日(山小屋泊)

・費用

1100$(約12万円)

・ツアー会社

マタタ ツアー

(Matata Tour and Safari)

・登山メンバー

↓シカ男(中年ハイカー)

f:id:taka-shikao:20190715075548j:image

↓ガイド・ケチュマ(中年太り)

f:id:taka-shikao:20190715075713j:image

↓コック・ニクソン(寡黙な料理人)

f:id:taka-shikao:20190715075723j:image

↓ポーター・マイケル(野望に燃える23才)

f:id:taka-shikao:20190715075835j:image

ダミーポーター2名

f:id:taka-shikao:20190715091113j:image↑写真は引用です

と言うのも、国が定めた登山規定に

「1人の登山者の場合はクルー5人!」

なんて意味不明な決まりがあるそうな。

 

 

1日目

Moshi 〜 登山口 〜 Mandara Hut

事務所に8時集合

8時15分に黒のボクシーで出発!

f:id:taka-shikao:20190715080437j:image

途中の村で食料を買い出し

食事はツアー代金に含まれているのよ

f:id:taka-shikao:20190715080422j:image

10時30分登山口ゲートに到着

入山届やその他の手続きはガイドが全て代行してしまうからその間フラフラして待った
f:id:taka-shikao:20190715081102j:image

何か不備があったのか入山手続きに2時間近くかかった

12時30時いよいよキリマンジャロ登山のスタートだ!
f:id:taka-shikao:20190715080452j:image↑ポーターのマイケルは先に上がったからいない

 

ランチBOXを山道で食べる

案外豪華で満腹になりました、自然の中で食べるとおいしいのさ。
f:id:taka-shikao:20190715080513j:image

マンダラ小屋まではこんな道

少し急な登りもあったが森の中をハイキングだ
f:id:taka-shikao:20190715080431j:image
歩くこと3時間半マンダラ小屋(2700m)に到着!

綺麗な山小屋施設にびっくりf:id:taka-shikao:20190715080411j:image

お楽しみのディナータイム

大きなダイニングもあったけど、我がチームは部屋でアットホームに晩飯を頂きました

f:id:taka-shikao:20190715081900j:image

ガリ(トウモロコシの粉をお湯で練ったもの)と野菜、肉、スープ

味も良く満足、満足f:id:taka-shikao:20190715080503j:image

 

2日目

Mandara Hut 〜 Horombo Hut 〜 Kibo Hut

f:id:taka-shikao:20190715082922j:image

2日目は長い道のりだ

本来なら高度順応も兼ねて12km先のホロンボ小屋で一泊するので通常はそんなに長くはないのだが

南米で高度順化が出来ているシカ男はホロンボ小屋で休憩してその先の最終キャンプ地兼山小屋のキボ小屋まで一気に上がってしまえ作戦をとった

さすがの登り慣れているメンバーにも後半に疲れの色が見えて少し申し訳ない気持ちになった

f:id:taka-shikao:20190715082911j:image↑休憩中の一枚、まだまだ歩き始めで元気
f:id:taka-shikao:20190715082916j:image↑植物がアフリカならでは
f:id:taka-shikao:20190715082900j:image↑湧き水で喉を潤す
f:id:taka-shikao:20190715082938j:image↑歩くこと4時間、ホロンボ小屋に到着!ここで昼食をとった
f:id:taka-shikao:20190715082944j:image↑最終宿泊地のキボ小屋には水が無いので最期の沢から水を持って行く
f:id:taka-shikao:20190715082933j:image

歩き始めて9時間、メンバーもぐったりだ。
f:id:taka-shikao:20190715082928j:image↑8:00に出発して18:00に今日の目的キボ小屋に到着!
f:id:taka-shikao:20190715082905j:image↑ヘトヘトに疲れているのにニッキーは美味しい晩御飯を作ってくれました!


f:id:taka-shikao:20190715083102j:image

f:id:taka-shikao:20190715083057j:image

↑スープとパンとライスと肉入り野菜炒め、正直疲れと高度で食欲は無かったが美味かった。

 

3日目

Kibo Hut 〜 山頂(Uhuru Peek) 〜 Kibo Hut 〜 Horombo Hut 

 

深夜0時に起床、

朝食に暖かいお粥をいただく

二本の水筒に紅茶とコーヒーを入れ

1:00ヘッドライトの明かりを頼りにゆっくりと歩き出す

驚いたことにガイドのケチュマは手ぶらだった

テクテク、テクテクと歩き

6:15日の出と共にキリマンジャロ登頂!

f:id:taka-shikao:20190715083203j:image↑嘘みたいな晴天と雲海

 

f:id:taka-shikao:20190715094006j:image

道中ガイドのケチュマは俺の紅茶を何回も飲んだ

「次回から持参しましょうね」

と言うと

「普段は俺は何も飲まない」

と強がるケチュマ、いやいや危ないよ

 

f:id:taka-shikao:20190715093907j:image↑別のルートからもどんどん登山者が上がってくる、しかし美しい景色だ

f:id:taka-shikao:20190715093902j:image↑氷河と雲海と山の影
f:id:taka-shikao:20190715093857j:imageキリマンジャロ山頂から眺めた朝に感無量
f:id:taka-shikao:20190715093850j:image↑100人近い登山者が山頂に押し寄せる

 

その後キボ小屋で1時間だけ仮眠して、ホロンボ小屋まで下った。

 

4日目

Horombo Hut 〜 Mandara Hut 〜 登山口 〜 Moshi

6時に朝食、そしてひたすら下山!

ヨーロッパが長期休暇シーズンに入ったらしくたくさんのヨーロピアン登山者とすれ違った、あと韓国からの団体様

f:id:taka-shikao:20190715094719j:image↑皆んな下りは元気
f:id:taka-shikao:20190715094811j:image山野草に目をやる余裕がでる
f:id:taka-shikao:20190715094714j:image↑マンダラ小屋で休憩
f:id:taka-shikao:20190715094803j:image↑何を撮ったんだかわからない
f:id:taka-shikao:20190715094727j:image↑7:00に歩き始めて12:30登山口に到着f:id:taka-shikao:20190715094754j:image麓の食堂で乾杯、皆んなよく頑張りました!
f:id:taka-shikao:20190715094733j:imageツアー会社のboss「マタタ」から登頂証明書をもらった

 

疲れで足がガクガクするんですけど

産まれたての子鹿

 

 

・まとめ・

日本では味わえない標高の登山、高度障害で山頂に立てずガイドに抱えられながら山を降りていく人を沢山見ました、

そんなに難しい登山ではありませんが、高度障害が一度出てしまうと決められた短いスケジュールの中で回復させるのは難しいと思います、無理な工程は避けてゆっくりと登って行くことをお勧めします、

そしてツアー会社はびっくりするくらいあるので、色々調べて楽しむも良し!日本人旅行者御用達のマタタツアーを使うもよし、

そしてなんと今回一緒に登った若手ポーターが安賃金(信じられないくらい安い)に耐えかねて、野心家の彼は自分でツアー会社を立ち上げる事を決心しました!

ホームページが出来次第ここにリンクを貼ります

とても仕事熱心で英語も上手く気がきく奴です

もしこれからキリマンジャロ登山を考えている方がいたら彼の会社を使って頂けたらシカ男も幸せです。

 

さて、登山に掛かる総費用です

2019年度の、だいたいの登山総費用はチップ込みで1200$〜2000$(内720$は国に払う入山料)と、会社やルートやサービスで料金がだいぶ変わるようです

 

主な登山ルートは2つ

・マチャメルート (5.6泊)

距離が長うえに山小屋がないためテント泊をしながらの登山になる、登山道が険しくアドベンチャー要素があるので若者に人気のルートだ!

・マラングルート (4.5泊)

マチャメルートよりは距離が短く、宿泊は全て山小屋になる、最も簡単に登れるルートで何故か現地では「コカコーラルート」と呼ばれている

シカ男は南米で高度順応が出来ていたのでマラングルートを3泊4日で登った。

 

キリマンジャロは登山に掛かる費用が高いので涙を飲んでの登山だった、

シカ男は普段ソロ登山が多いのでチーム登山に色々と不安があったが楽しく登ることが出来て大満足しているシカ男であった

f:id:taka-shikao:20190715094747j:image↑4日間苦楽を共にした仲間達!

いくらビジネスとはいえ同じ釜の飯を食えば仲間だ!

本当にありがとう。

 

・糸冬・

【7日目】海から山へ 〜キリマンジャロを目指して〜

キリマンジャロ登山拠点「Moshi」に着いた!

 

・7日目

Mwanza 〜 Moshi

f:id:taka-shikao:20190710165220j:image

・走行距離

42km (残り0km)

・標高

m850

・コンディション

舗装路 起伏が多いい 向い風

・宿泊地 

Kilimanjaro backpackers (ドミトリー6$朝食込み)f:id:taka-shikao:20190710163006j:image

 

・まとめ・

港町ダルサラームからの道のりは楽ではなかった、特に風に困らされた

小さな集落にも売店があり食事には困らなかった

皆んなアジア人が珍しいのか、よく子供らが集まってきて「白人」と指を指してきた、悪気はない。

 

タンザニアの町で歩いていると、 親しげに話しかけてくる何らかの商売人が暇なのかどこまでもついてくることがたまにある、何を求める訳でもなく、強盗や泥棒にも見えない、

たまにそんな彼らと休憩を共にする、英語を話せれば歴史や価値観や生活などについて教えてもらい、せめてもの気持ちで飲み物くらいはご馳走する、

下の彼はモシの街の水源や苗木や素敵なバオバブを教えてくれた

f:id:taka-shikao:20190710163646j:image↑落ち込んだときはバオバブこのバオバブの木を眺めに来るらしい。
f:id:taka-shikao:20190710163708j:image↑日本が苗木の販売プロジェクトを持ち込んだらしい、水が豊富なこの地ではよく育つ。
f:id:taka-shikao:20190710163634j:image↑ボブマーリーの様な彼が多種多様な植物を育てていた。
f:id:taka-shikao:20190710163719j:image↑街はずれに湧き水が作った小さなため池がある、モシの人々の貴重な水源だ。

 

さて、いよいよキリマンジャロ登山に向けて準備だ!

 

f:id:taka-shikao:20190710164253j:image↑宿で出会った日本人とキリマンジャロビールで乾杯!

この可愛い帽子達はこの街モシで作ったらしい、モシはテーラー(服作り)でも有名なのだ。

 

・糸冬・

【6日目】海から山へ 〜キリマンジャロを目指して〜

キリマンジャロが見えたっ!

・6日目

Same 〜 Mwanga 

f:id:taka-shikao:20190710153916j:image

・走行距離

72km (残り42km)

・標高

705m

・コンディション

舗装路 緩やかな登り 追風 晴れ

 

・まとめ・

f:id:taka-shikao:20190710154054j:image↑小さな街「Same」にあった綺麗な宿。
f:id:taka-shikao:20190710154153j:image↑この国では蚊帳が欠かせない、マラリア蚊がいるのだ。
f:id:taka-shikao:20190710154104j:image↑バスターミナル前で朝食。
f:id:taka-shikao:20190710154047j:image↑時折現れるバオバブの木、その力強さにいつも驚かされる、この木には鳥の仕掛けがぶら下がっていて少し滑稽な姿になっていて笑ってしまった。
f:id:taka-shikao:20190710154140j:imageタンザニアに入ってから常に雲が出ている、登山の天気が不安だなぁ。

f:id:taka-shikao:20190710154112j:image↑瓶のジュースは約25円、疲れた身体に染みる!だが飲み過ぎ注意だ。
f:id:taka-shikao:20190710154146j:image↑小さな集落でようやく見つけた食堂でカレーライス?タンザニアのお米は意外と旨い。
f:id:taka-shikao:20190710154123j:image↑民家の様なBARで一杯やり、集落から離れた河原にキャンプを張りに向かった。

 

 

キリマンジャロの見える静かな川辺だった

f:id:taka-shikao:20190710154159j:imageキリマンジャロとマウェンジ山が遠くに見える、美しい。

 

夜中、今まで聞いたことのない大型動物の鳴き声と荒い鼻息で目を覚ました

 

まずい!

 

恐らくゾウかカバだワニだ!

かなり近い、すぐそばだ、、

緊張が走った、パスポートと携帯を慌ただしくポケットに突っ込みヘッドランプの小さい明かりを頼りにテントから恐る恐る脱出した、

闇の中から確実に何かに威嚇されている、

ゾウの声はボツワナで何度も聞いた、ゾウではない、

アフリカの人々が口をそろえてカバは一番危ない、と言っていたことを思い出し心臓の鼓動が早まった、

姿は見えないが、確実に近くにいる

一歩一歩後退りしながら川を離れた、50mほど離れた所に大きな木があったのでそこで隠れるように腰を下ろした、口から心臓が出そうとはこういう事をいうのだなと思った。

しばらく、警戒した感じの鳴き声(叫び声)がテント付近から聴こえていたが、

 バシャ!バシャ!

と水しぶきの音と共に鳴き声は消えた、

 

恐る恐るテントに戻り、荷物を慌ただしくまとめてキャンプ地を川から遠ざけた。

 

助かった。

 

ここはアフリカ、少しの不運や不注意が野生動物との事故をまねく、特にカバは毎年死亡事故も起きている危険な動物、

今回はキリマンジャロが綺麗に見え、周囲の確認も疎かに浮かれて川辺でキャンプを張ったシカ男の不注意である、

深く反省した。

 

f:id:taka-shikao:20190710160421j:image↑朝、事件現場に行くとテントを張っていた周りにたくさんの足跡があった、

カバの足跡だ。

 

 

・糸冬・

【5日目】海から山へ 〜キリマンジャロを目指して〜

Give me money は聞きたくない

・5日目

 Monbo 〜 Same

f:id:taka-shikao:20190704053232j:image

・走行距離

95km (残り105km)

・標高

615m

・コンディション

舗装路 緩い登り 追い風

・宿泊地 

Same(サメ)という町のホテルで優雅に過ごす

5日ぶりのシャワーだ!


f:id:taka-shikao:20190704065650j:image

f:id:taka-shikao:20190704065659j:image

朝食込みで約800円!

田舎は安い、宿泊者はシカ男だけ

経営が心配でしかたない

 

 

マサイ族の青年に挨拶をしたら

「ギブミーマネー」

と返ってきて悲しかった

いくら貧困でも挨拶よりさきに金をくれと言うのは失礼きわまりない

 

アフリカ大陸を旅する者なら必ず向き合わなくてはいけない物乞いや押し売りや貧困、どう対応するかは人それぞれだが

むやみやたらにお金を渡すのは違う、しかし無視するのは辛い、未だにシカ男は対応に戸惑っている。

 

 

f:id:taka-shikao:20190704065955j:image↑毎日良く晴れてくれている、どうかキリマンジャロ登山まで天気よ落ち着いていておくれ
f:id:taka-shikao:20190704070017j:image↑商店に男たちがバイクで集まる、何をするわけでもなくただ集まる
f:id:taka-shikao:20190704065923j:image↑木彫りのカヌーを見つけた、日本にいつか帰ったら手作りのカヌーに挑戦したいと思っています
f:id:taka-shikao:20190704070042j:imageバオバブの木はやっぱり力強い
f:id:taka-shikao:20190704070111j:image↑さぁ、町の市場で晩御飯だ
f:id:taka-shikao:20190704070030j:image↑田舎の町ではガスが無いので炭で料理
f:id:taka-shikao:20190704065941j:image↑ゆえに地べた、腰が辛そうだ
f:id:taka-shikao:20190704070101j:imageタンザニア名物フライドポテトの卵とじ!

特に美味しくもないが、フライドポテトを卵でとじる発想はお見事

タンザニアに来たらどこでも食べられますので是非お試しあれ(約150円)

 

 

・糸冬・

 

【4日目】海から山へ 〜キリマンジャロを目指して〜

ハウアーユー&バイバイ

・4日目

Segera 〜 Monbo 

f:id:taka-shikao:20190704063805j:image

・走行距離

102km (残り199km)

・標高

465m

・コンディション

舗装路 前半勾配結構有り 後半から平坦追い風(微風)

・宿泊地 

わりと栄えていた?Monboという村から約25km先のパイナップル畑でキャンプ

 

 

朝はゆっくりと出発

ジャンクションの村でのんびり昼食

f:id:taka-shikao:20190704064127j:image

脚に疲れが溜まってきている

やはり連日って走ると休養日が欲しくなる

 

海とキリマンジャロへのジャンクションの町は賑やかだった

f:id:taka-shikao:20190704064248j:image↑恒例の青空マーケットを覗く
f:id:taka-shikao:20190704064208j:image↑カラフルな色が素敵だ
f:id:taka-shikao:20190704064327j:image↑デニム、パーカー、スカート、何でも揃う
f:id:taka-shikao:20190704064116j:image↑現地の男性、真剣にデニムパンツを選ぶ
f:id:taka-shikao:20190704064312j:image↑日本のフリーマーケットの様な雰囲気だ
f:id:taka-shikao:20190704064145j:image↑さて、ジャンクションを過ぎればキリマンジャロまで一直線
f:id:taka-shikao:20190704064256j:image↑マンゴーが旬な様で旨い!(1つ約25円)
f:id:taka-shikao:20190704064410j:imageタンザニアと言えばチップス!小さな村だとチップスしか食べれない時もあった

f:id:taka-shikao:20190704064421j:image↑左手に美しい山並みが現れた、素敵な景色を眺めながら漕ぐとあっという間に時間が過ぎる
f:id:taka-shikao:20190704064343j:image↑パイナップル畑の脇に大きな木があったのでそこでキャンプ

f:id:taka-shikao:20190704064235j:image↑ここタンザニアも日本からの中古自転車が大量に出回っている、タンザニア人のオッチャンが日本のママチャリに乗って集落に帰る姿はとても微笑ましい。

 

 

・糸冬・

 

【3日目】海から山へ 〜キリマンジャロを目指して〜

ジャンボ!? ポアポア!!

・3日目

Mandera 〜 Segera

f:id:taka-shikao:20190704053908j:image

・走行距離

109km (残り399km)

・標高

311m

・コンディション

舗装路 勾配結構有り 追い風(微風)

・宿泊地 

ジャンクション10キロ手前の茂みでキャンプ

 

 

タンザニアの主要言語は「スワヒリ語」で田舎では英語は殆ど通じない

「ジャンボ」とは 元気?と言う意味で

それには「ポア!」元気だよ!と返すのだ

f:id:taka-shikao:20190704054248j:image↑綺麗な舗装路が続く

f:id:taka-shikao:20190704060324j:image↑バスじゃ見落としてしまうような小さな集落に立ち寄れることも自転車旅の醍醐味の1つだ

f:id:taka-shikao:20190704054351j:image↑朝食は田舎町の青空食堂で
f:id:taka-shikao:20190704054148j:imageチャパティとラム肉のスープ、素朴でいい(約150円)
f:id:taka-shikao:20190704054234j:image↑穴掘り式トイレ
f:id:taka-shikao:20190704054305j:image村にバスが通ると何処からともなく物売りが集まってくる、それを食堂からぼんやり眺めてるシカ男、活気があってよろしい!
f:id:taka-shikao:20190704054327j:image

タンザニアでは韓国から仕入れた?寄付かな?どういった経緯で来たかは不明だが古着や靴やカバンなどが青空市で良く売られている、大体100円〜500円くらいで売られていてたまに掘り出し物があるのでついつい自転車を止めてしまうのだ
f:id:taka-shikao:20190704054418j:image↑何気なく撮った町の看板
f:id:taka-shikao:20190704054139j:image↑夜は道路から離れ静かな茂みでのんびりと過ごす、日本の秋の様な虫の音、時折遠くから聞こえる動物の声

そう、ここはアフリカ大陸

この時代に野生生物の存在を感じ、緊張して過ごせるなんて

贅沢だなぁ。

 

 

・糸冬・

【2日目】海から山へ・キリマンジャロを目指して!

横風も案外辛いんです

・2日目

Bagamoyo 〜 Mandera 

f:id:taka-shikao:20190704053202j:image
・走行距離

82km (残り408km)

・標高

255m

・コンディション

舗装路 勾配そこそこ有り 横風 暑い!

・宿泊地

集落を抜けた林の中でキャンプ

 

 

 

昨晩は泊まっていたハンバーガー屋のスタッフ「オミ」と飲み明かしたf:id:taka-shikao:20190701170355j:image↑仲良くると別れが辛い

 

若干の二日酔いを感じながら進んで行く

 

今日も緩い起伏が続く丘陵地形だのんびり行こう

f:id:taka-shikao:20190701170815j:imageタンザニアで日本の軽トラック大活躍!
f:id:taka-shikao:20190701170921j:imageボロボロのリュックから教科書が今にも落ちそうだった少年に余っていたリュックをあげた。
f:id:taka-shikao:20190701170747j:imageタンザニアの舗装はきれいでこぎやすい
f:id:taka-shikao:20190701170928j:image↑今日も暑いぞ〜!
f:id:taka-shikao:20190701170945j:image↑約10kmおきにこんな感じに集落のマーケットがある
f:id:taka-shikao:20190701170902j:imageタンザニアのパイナップルの食べ方
f:id:taka-shikao:20190701170802j:image↑陽気な兄ちゃんだ!一個約50円
f:id:taka-shikao:20190701170836j:image↑集落を外れると茂みや林にキャンプ地は容易に見つかる

 

・まとめ・

今日は起伏と強い横風に苦しんだ一日だった、思うように距離が伸びず。

かなり汗をかくので、水と果物を意識して多めにとった。

 

f:id:taka-shikao:20190701170454j:image↑飛行機墜落注意という事でいいのかな!?

 

 

・糸冬・