シカ男の山~情熱五大陸登山旅~

私シカ男、2015年の夏から自転車で世界一周の山旅にでました。

【お知らせとお詫び】シカ男はアルバニアにいます!

皆さんお久しぶりです!

音沙汰も無しに長期間ブログの更新を止めてしまいすいませんでした。

現在、シカ男は元気にヨーロッパはアルバニアを元気に移動中です!

 

 

そしてお知らせ

ドイツから旅の相方が出来て(日本から来てくれた) チャーミングな女性としばらく2人旅になりました!

f:id:taka-shikao:20191128171647j:image

どこまで一緒に行くかはわかりませんが、一緒に感動を分かち合える2人旅も素敵なものですね。

 

これから少しづつですがブログも更新してゆきたいと思いますので、たまに覗いて頂けたら幸いです。

 

では。

【ドイツ旅4】ミュンヘンから国境の街フュッセンへ!

ドイツ自転車旅4(最終章)

München 〜 Füessen

f:id:taka-shikao:20191208064306j:image

・走行距離

120km

・期間

5日間(2019年10月8日〜10月12日)

・天候

時期的な問題なのか雨が続いた

・宿泊地 

主にキャンプ場

特にフッセンで泊まったキャンプ場はおススメです

 

〜主な出来事〜

さて、ミュンヘンから相方ムーミンとのペアランが始まります

自転車は日本でもよく乗っていたそうですが、どれくらいこげるか?野宿に耐えれるかは未知数

のんびりと様子を見ながら進んで行きます。

ミュンヘンをブラリ散歩

見所がギッシリなミュンヘンは郊外も市内も数々のアクティビティがあり何日いても飽きません。

ミュンヘンの観光情報はネットでたくさん探せるのでシカ男はサラッとで、

では行ってみましょう!

f:id:taka-shikao:20191208065038j:image↑中心街の有名なカラクリ時計台です、素晴らしい造りに圧巻でした

f:id:taka-shikao:20191208174252j:imageミュンヘン市内にある有名なカラクリ時計ごどうカラクルかはユーチューブで見れてしまいます

f:id:taka-shikao:20191208174448j:image↑カラクリ時計近くにローカルマーケットがありました、野菜や香辛料やお土産と色とりどりに並びます、見ているだけで楽しいです
f:id:taka-shikao:20191208174457j:image↑マーケットの片隅のカフェでまったり、コーヒー1杯1€(約120円)
f:id:taka-shikao:20191208174500j:image↑これ!アウトドアショップなのですが、店内にプールがありカヌーやカヤックの試乗が出来るんです!

このアウトドア店の事は別途記事にしたい気持ちです。

f:id:taka-shikao:20191208174504j:image↑中心街にある老舗チーズ店で思わず購入してしまったチーズをスライスしたりする奴(名前がわかりません)胡桃の木だそうです8€(約1000円)

f:id:taka-shikao:20191206032015j:imageオクトーバーフェスト会場近くの伝統衣装屋で2人とも衣装替え!

レンタルもありましたが販売と値段が大差なかったので購入、雨だからと値切って各60€にしてもらいました、自転車旅にはとんでもない荷物となります。

※最初は嫌がっていましたがブログへのムーミンの顔出し許可がここで撮れました
f:id:taka-shikao:20191206032011j:image↑通算4度目のオクトーバーフェスト会場へ!好きですね〜

好きなんです!ビールが!!
f:id:taka-shikao:20191206032008j:image↑各パビリオン(現地の人はテントと呼んでいた)で各酒造所のご自慢のオクトーバーフェストビールが飲めます、雨で少し空いていてラッキー!

土日なんかは早く行かないと混雑がひどくてテントにも入れません、入れないとビールも飲めませんので要注意。
f:id:taka-shikao:20191206032022j:imageオクトーバーフェストに乾杯!!

ミュンヘンでしか着ない衣装と一杯10€以上する1ℓのジョッキビール、

調子に乗って散財したシカ男は次の月のカード請求で青ざめました。

 

さて、せっかくミュンヘンにいるのでミュージアムにも行きます

ミュンヘンのほとんどのミュージアム日曜日に1€になるという大サービスがあるのをご存知でしょうか?

シカ男はすかさず街中にあるミュージアムを観て回りました!
f:id:taka-shikao:20191206031959j:image↑ドイツに住んでいる超有名写真家の作品で、デュッセルドルフに流れる川を撮った一枚なのだが、この写真には数億円の値段がついているらしいです
f:id:taka-shikao:20191206032003j:image↑考古学、美術館、地質学、鉱石など色々あったが近代アートが一番シカ男は楽しめた

 

・ロマンティック街道サイクリング

呑んだっくれのミュンヘン観光に区切りを付けていざオーストリアへと向かいます!

f:id:taka-shikao:20191206031654j:image↑雨でも進まにゃ、斜度15%は押すのもキツイ!
f:id:taka-shikao:20191206031638j:image↑車が行き交う大通りを避けれる自転車道がドイツにはたくさんありました、森の中を車の心配なくサイクリングするのは爽快です
f:id:taka-shikao:20191206031646j:image↑雨を凌ぐために、公園屋根の下?にテントを張らせてもらいました
f:id:taka-shikao:20191206031706j:image↑Lake Starnberg 大きな湖を通りました、ミュンヘンに住む人たちの癒しの場でしょうか湖畔にはホテルやBARが目立ちました
f:id:taka-shikao:20191206031631j:image↑何と標識に日本語が!

※ロマンチック街道とはドイツのヴュルツブルクからフュッセンまでの約400kmの自然と歴史的な街を繋ぐ観光街道ルートである。f:id:taka-shikao:20191206031635j:image↑ドイツといえば「プレッツェル」スーパーで買えば1つ30€くらいで買えます!
f:id:taka-shikao:20191206031657j:image↑小さな湖の湖畔でキャンプもしました、釣り人が2人いましたが本日の釣果はなさそうでした。
f:id:taka-shikao:20191206031643j:image↑ドイツは市内を離れると長閑な風景が広がります、牛がくつろいでいたり、ヤギがいたり、羊がいたりと癒されます
f:id:taka-shikao:20191206031701j:image↑クマの木彫りが何とも可愛いらしかったなぁ

 

そんなかんなでドイツ最期の街フュッセンに到着です

f:id:taka-shikao:20191208181639j:image↑ハロウィンが近いからかカボチャが沢山売っていました、信用が全ての無人販売です。
f:id:taka-shikao:20191208181644j:imageフュッセンのスーパーマーケットがほとんど草に覆われていてクスっとなりました

 

・ノイシュタインバイン城

f:id:taka-shikao:20191206031239j:image↑かの有名なノイシュバンシュタイン城ですが異常なまでの人気ですね、アジア人観光客で押し合いへし合いです。

私達は昼頃に行ったのですが城中の見学は有料で3時間待ちと言われたので諦めて回りのトレッキングルートを楽しみました、

※おススメのスケジュールはとにかく朝一番でノイシュバンシュタイン城を見学して、周囲をトレッキング、もう一つ有名なお城が近くにあるのでそちらも見つつ街に戻る感じが良いと思います。

f:id:taka-shikao:20191206031245j:image↑何とも言えず美しい建物と景色です、ヨーロッパ調のお城はやはり見応えがありますね

f:id:taka-shikao:20191208181648j:image
↑泊まっていたキャンプ場からはノイシュバンシュタイン城が正面に見え、夜はお城のライトアップを眺めながらビールで乾杯です。

 

※泊まっていたフュッセンのおススメの素敵な宿(キャンプも可)はこちら

「Jägerhof Schwangau」

f:id:taka-shikao:20191208184023j:image

jaegerhof-schwangau.de

住所・Frauenbergstraße 26, 87645 Schwangau, Germany

キャンプは2人で10€にしてもらいました。

ちょいとフュッセンの中心街からは外れたHorn(ホルン)という地区にありますがお城は近くなります、長閑な土地に素敵なオーナーにノイシュバンシュタイン城ビューと最高な宿です

f:id:taka-shikao:20191208184610j:image↑広々としたキャンプ場、夜露で濡れたテントを乾かす。

 

ホルンの宿からフュッセンの市街地までは自転車で10分くらいで行けましたので歩いて行けないことはないでしょう、バスも出てます。


f:id:taka-shikao:20191206031252j:image↑スーパーの生鮮売り場のパネルがス・テ・キ❤︎

 

・糸冬・

【ドイツ旅3】ミュンヘンから2人旅に!

ドン!!
f:id:taka-shikao:20191129024144j:image↑「さぁお飲み!」

 

あ、失礼しました。

 

・ドイツミュンヘンでの出来事

 

ドイツはミュンヘンでのもう一つの大きな出来事は日本から来てくれた相方との合流でした!

f:id:taka-shikao:20191129024247j:image↑仕事に一区切りつけ、一緒に自転車旅をするたに日本から来てくれたアウトドア入門系女子「ムーミン(仮名)」顔はNGとか。
f:id:taka-shikao:20191129024331j:image↑空港で自転車を組み立てるたくましくムーミン

f:id:taka-shikao:20191129024629j:image↑初日は空港の近くにある川で焚き火をしながらキャンプ
f:id:taka-shikao:20191129023826j:image↑カッコいいパッケージのビールをのみながらほろ酔いでここ数年のお互いの積もる話に花を咲かせました
f:id:taka-shikao:20191129024225j:image↑キャンプしていた素敵な河原
f:id:taka-shikao:20191129024107j:image↑さて、ペアランがはじまります

何処まで一緒に行くかはわかりませんが、ひとまずヨーロッパを抜けトルコまでは行きたいとのことです

冬が近いから寒くなるよ〜、大丈夫かな?

ムーミンの自転車のスペックはまた紹介しまっす!

f:id:taka-shikao:20191129164548j:image↑ひとまず一枚

ムーミンのサーリー ロングホールトラッカー

 

・バスでアジア人が多く住む街デュッセルドルフ

 

友人が日本からドイツのデュッセルドルフに移住したので自転車をミュンヘンに置いてバスに乗り会いに行きました。

f:id:taka-shikao:20191129023729j:image↑街を歩いていたら変なオブジェに見られていました
f:id:taka-shikao:20191129023951j:imageミュンヘンのバスターミナルです駅から徒歩5分くらいの場所にあります、

余談ですが新宿駅にバスタという巨大バスターミナルが出来たと聞きました、帰国したら見に行きたいものです。

f:id:taka-shikao:20191129164225j:image↑ヨーロッパはバスが安いとよく聞きます、デュッセルドルフまでブラブラバスという会社を使い片道20€でした、移動時間は約10時間と長いですが、連日のビール疲れで寝ていたらあっという間に着きました
f:id:taka-shikao:20191129024358j:imageデュッセルドルフに到着です、ミュンヘンとはまた違った街並みや雰囲気

写真はありませんが、大きなアジアン街(リトル東京)がありアジア系レストランやスーパー(当然日本の物も多数)が軒を連ねています、ここで日本の食材はなんでも手に入りそうでした。

f:id:taka-shikao:20191129165445j:image↑久々にわさワサビを購入、歯磨き粉代わりに使いますf:id:taka-shikao:20191129024153j:imageデュッセルドルフオーストリアで一緒に働いた仲間の「もと君」が住んでいるので再会!
f:id:taka-shikao:20191129024132j:image↑彼女さんが韓国の方で、辛くも美味しいお鍋をご馳走になりました
f:id:taka-shikao:20191129024342j:image↑弾丸でミュンヘンに戻り黄昏
f:id:taka-shikao:20191129024325j:imageミュンヘンでネズミカップル発見
f:id:taka-shikao:20191129040253j:imageUTAというガソリンスタンド、歌?
f:id:taka-shikao:20191129024122j:image↑ドイツはタクシーがベンベンベンツです。

何だか特別な料金を取られそうです。

f:id:taka-shikao:20191129164233j:image↑道端に唐辛子チョコレートが落ちていました、一体何処で買えるのでしょう。

 

さて、もう少しミュンヘンを観光して南下を開始します、オーストリア、イタリア、クロアチアと駆け抜けて行きます!

 

・糸冬・

【ドイツ旅2】オクトーバーフェストinミュンヘン

ミュンヘンに到着!!

f:id:taka-shikao:20191129005748j:imageオクトーバーフェスト公式サイトより

ロッコからジブラルタル海峡を渡りスペインへ入りフランス、スイス、リヒテンシュタインオーストリアを駆け抜けて抜群のオクトーバーフェストタイミングでミュンヘンまで辿り着きました!

そして、ミュンヘンに来た一番の目的は親友に会うため

数年前にシカ男がろくに英語も話せずにニュージーランドを旅していた頃に出会い、3カ月も旅をともにした親友のドイツ人と無事に再会できました。f:id:taka-shikao:20191128194440j:image↑変わらず元気な「ヤンコー」ミュンヘン滞在中は彼のアパートにお世話になりました、ありがとう。部屋は汚いから写真は撮らないでとのこと(笑)

 

さて、

いざ!友人「ヤンコー」と念願のオクトーバーフェスト

日々雨でしたがこの日と翌日だけ晴れマーク

オクトーバーフェスト

オクトーバーフェストとは、ドイツ、バイエルン州の州都ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭りで、1810年以来ミュンヘン市内中心部のテレージエンヴィーゼと呼ばれる広大な場所で9月半ばから10月上旬に開催され、毎年約600万人が訪れている。

とSiriが教えてくれました。

f:id:taka-shikao:20191129010110j:image↑伝統衣装に身を包み自転車で向かいます
f:id:taka-shikao:20191128194507j:image↑メインエントランス、聞いてはいたがすごい人だ

f:id:taka-shikao:20191128194731j:image↑来場者の八割方この地方の伝統衣装を着ていてビックリ
f:id:taka-shikao:20191128194711j:image↑友人ヤンコーと彼女さんも伝統衣装「ディアンドル」と「レダーホーゼ」似合っています

f:id:taka-shikao:20191129013409j:image↑痛い出費だが会場の空気に呑まれシカ男も思わず衣装を購入!

会場の外に何件もの衣装屋があり値段は大体メンズで70€〜でした

女性のドレスは30€〜本格的なものになるの500€以上するものも!

 

正直オクトーバーフェストはただのビールたくさん呑みます祭りだと思っていたら全然違ったのです!

遊園地のアトラクションやきらびやかな装飾ライト、あちこちで流れる陽気な曲にビール!!

凄い、凄すぎる!

f:id:taka-shikao:20191129012913j:image↑賑やかななイルミネーション
f:id:taka-shikao:20191129012821j:image↑色々なショップが軒を連ねる
f:id:taka-shikao:20191129012919j:image空中ブランコは日本のものより速く、倍速くらいで回っていた
f:id:taka-shikao:20191129012837j:image↑ビールを飲めるのは何ヶ所にも設置された巨大なテントの中だけ、歌って踊って大賑わい

もうこれは即席一大テーマパークです!f:id:taka-shikao:20191128194537j:image↑名物のローラーコースターや
f:id:taka-shikao:20191128194606j:image↑巨大な観覧車
f:id:taka-shikao:20191128194651j:image↑シカ男が1番驚いたのはメリーゴーランド!

なんと専用の楽隊がいて生演奏を聴きながら楽しめるのです!!

 

なんてこった、

スケールが違いすぎる!

 

しかし貧乏旅人には全体的に料金が高いんです!

乗り物はその都度入り口でチケットを買うのですが大体5€〜10€(約600円〜1200円)

そんな予算の少ないあなたは、近年出来たという昔使われていたアトラクションをメンテナンスして集めてあるチョットノスタルジックな「Oide Wiesn」がおススメ

f:id:taka-shikao:20191129012439j:image↑メインエントランスから見て会場の1番奥右手にそのオールドオクトーバーフェストの入り口がある

入場料が3€かかるが、中に入ってしまえば全てのオールドアトラクションが1€前後で安いんです!

そして本会場とは違い少し落ち着いた雰囲気のオクトーバーフェストを味わえます、見かける年層も若干高めでした

 

以下はそんな「Oide Wiesn」の写真です

f:id:taka-shikao:20191128194643j:image↑うーんロマンティック
f:id:taka-shikao:20191129012831j:image↑ハート形のメッセージが書いてあるビスケットが人気、ヤンコー曰くあんまり美味しくないから買わないとかw
f:id:taka-shikao:20191128194450j:image↑オールドオクトーバーフェストのビールブースも大賑わい
f:id:taka-shikao:20191128194530j:image↑外に展示されていた昔の客車、木造りで雰囲気がある。
f:id:taka-shikao:20191128194517j:image↑1ℓジョッキで乾杯!(12€)

f:id:taka-shikao:20191128194614j:image↑美味しそうなヒザパン?が売っていました
f:id:taka-shikao:20191128194455j:image↑チーズとベーコンとネギという素敵な組み合わせ(3€)
f:id:taka-shikao:20191128194658j:image↑二人乗りの立ちこぎブランコに乗り
f:id:taka-shikao:20191128194718j:image↑かんぱーい!

 

1ℓビールを飲み、そしてアトラクションに乗るのですからそれはそれはもう、凄いです!

シカ男は家まで自転車をこげず、2人で歩いて帰りましたとさ、

会場で倒れて運ばれる人続出と思いきや、流石はドイツ人お酒強いんです。

f:id:taka-shikao:20191128194550j:image↑ヤンコー案内してくれてありがとう!

 

おまけ

 

・ドイツアルプスを登山

オクトーバーフェストの翌日、二日酔いを引きずりながら鉄道で約40分南に行きヨーロッパアルプスの始まりのドイツアルプス登山へ!

f:id:taka-shikao:20191129015411j:imageミュンヘンは鉄道で簡単にアルプスにアクセスできて最高だと彼は話す
f:id:taka-shikao:20191129015444j:image↑お、ベニテングタケ
f:id:taka-shikao:20191129015451j:image↑彼と歩いているとニュージーランドの旅を思い出す、一緒に旅をしていた時は無茶なスケジュールであっちコッチ登ったものだ。
f:id:taka-shikao:20191129015437j:image↑山頂に山小屋がありまたしてもビール!
f:id:taka-shikao:20191129015423j:image↑ドイツアルプスの中で飲むビールはうまい!!

そしてその夜、

彼とまたしてもオクトーバーフェスト会場に向かうシカ男であった。

f:id:taka-shikao:20191129020927j:image

ミュンヘン(ドイツ)はいいですね。

 

 

・糸冬・

【ドイツ旅1】リヒテンシュタインからミュンヘンへサイクリング

ミュンヘンまでの4日間

f:id:taka-shikao:20191128191520j:image

Liechtenstein 〜 München

10月24日〜27
・走行距離

約250km 

・コンディション

雨季に入ったのか毎日雨が続いた

全体的に舗装路

ヨーロッパは自転車用の道が整備されていて走りやすいです!

・宿泊地 

橋の下やキャンプ場

声をかけてもらい家に招待してもらった日もありました

・出費 (一人)

約50€

日々の宿代が無いので、

食費(ビール)と調理用のガソリンが主な出費です

 

・主な出来事


〜国境跨ぎ〜

キャンプしていたリヒテンシュタインの森を出てオーストリアを少し走りドイツへ入国!

f:id:taka-shikao:20191128175308j:image↑我ながらよくよく自転車を上げたと思うほどリヒテンシュタインの山中にあったキャンプ場

 

どの国もシェンゲン協定加盟国のなので入国審査やパスポートにスタンプはありません、なんか寂しいですが楽でいいですね!

f:id:taka-shikao:20191128175537j:imageオーストリアのアウトドアショップでパタゴニアのフリースベストが半額に!思わず購入したらオマケにとオリジナルのシャツとニットと靴下をくれた
f:id:taka-shikao:20191128175523j:image↑新メンバー「パタゴニアのニット様」
f:id:taka-shikao:20191128175504j:imageオーストリアのガソリンスタンドに大麻と思われる自動販売機があった、合法な国ではタバコ感覚なのかな?

シカ男は煙を吸うコトが苦手なので試さなかったけど1パック10ユーロ(1200円)くらいでした

 

〜いよいよドイツ!〜

さて、自転車道を走っていたらいつの間にかオーストリアからドイツに入っていました、のんびりと小さな町に寄りながらミュンヘンを目指します、

何て贅沢な時間なのでしょう。

f:id:taka-shikao:20191128180754j:image↑スイスから船が着く「Insel」の駅。f:id:taka-shikao:20191128181005j:image↑ドイツ、スイス、オーストリアに面しているボーデン湖
f:id:taka-shikao:20191128180831j:image↑駅で他の旅自転車を発見、荷物を積んだ自転車はシブいなぁ
f:id:taka-shikao:20191128180819j:image↑ドイツの鉄道、オンラインでも切符を買えるらしい
f:id:taka-shikao:20191128181039j:image↑「Insel」の可愛らしい街並み、当然船が出ているスイスからの観光客が多い
f:id:taka-shikao:20191128180942j:image↑「Insel」の何やら

素敵な建物、なんとなく立ち寄った小さな町だが可愛らしい街並みで楽しかった
f:id:taka-shikao:20191128180913j:image↑道中にみた立派な橋
f:id:taka-shikao:20191128180958j:image↑スイスからお馴染みの木造の公共水ばがちらほらあって助かる、シカ男は「野水・のみず」と勝手に呼んでいる
f:id:taka-shikao:20191128181021j:image↑雨の日は橋の下に助けられた
f:id:taka-shikao:20191128180951j:image↑そしていたるところにあるマクドナルド、コーヒー1€(約120円)
f:id:taka-shikao:20191128180927j:image↑ん?自転車ウェルカム?フリーウォーター?

f:id:taka-shikao:20191128180737j:image↑いやいやフリー自家製ビールを頂きました、ドイツのビール愛好家は各家庭でビールを作って品評会して楽しむそうな
f:id:taka-shikao:20191128181011j:image↑ランチまで
f:id:taka-shikao:20191128180844j:image↑ドイツは自転車旅が割と一般的で、そして人々は旅人に優しかった。
f:id:taka-shikao:20191128181026j:image↑ドイツといったらビールですね〜、酒税が低いためかビールが安い!!
f:id:taka-shikao:20191128180946j:image↑ドイツの田舎町を過ぎる、どこも素敵な街並みだ
f:id:taka-shikao:20191128180906j:image↑日々雨がついて、橋の下が定番キャンプスポットになってしまいました、ほんとは草原とか盛りとか河原やビーチが気持ち良いのですが
f:id:taka-shikao:20191128180936j:image↑なんだかメッセージ色の強い落書きも
f:id:taka-shikao:20191128180859j:image↑夫婦で一歳の双子をトレーラーに乗せて旅する中々クレイジーな台湾人旅人に会いました、すれ違いに少し話しただけですが、色々な人がいるのですね。素晴らしい

f:id:taka-shikao:20191128182056j:image↑そしてまた田舎町を抜けて
f:id:taka-shikao:20191128182040j:imageミュンヘンに到着!

素敵な雰囲気な町が続いたドイツも都市に来ると近代的なマンションやビルが立ち並びます
f:id:taka-shikao:20191128180747j:image↑お、オクトーバーフェストですね!

 

そう、

ミュンヘンを目指していた理由は親友との再会とオクトーバーフェストと相方との合流です。

 

飲むぞ〜

 

・糸売く・

【リヒテンシュタイン】スイスとオーストリアの間にある小さな国を訪問

Liechtenstein

リヒテンシュタイン公国、通称リヒテンシュタインは、中央ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。スイスとオーストリアに囲まれたミニミニ国家の一つ。首都はファドゥーツ。欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。西欧に分類する見解もあるらしい。

山ばかりの国だが主要道路は谷や盆地に上手いこと通っているので自転車には優しい(峠ばかりのスイスと大違い)

 f:id:taka-shikao:20190928214709j:imageリヒテンシュタインの位置

Bahnhof Trübbach〜Schaanwald(オーストリア国境の町)
・走行距離

21km 

・コンディション

雨/曇り

軽い頭痛

・宿泊地 (標高)

リヒテンシュタインの森(600m)

f:id:taka-shikao:20190928171919j:image↑森の奥深くに見つけた東屋、夜に雨が降ったので屋根の下で寝させてもらった

・出費

20CHF

リヒテンシュタインの通貨はスイスフランですがユーロも使えました

 

・今日の出来事

〜午前中は雨で身動き取れず〜

f:id:taka-shikao:20190928171544j:image↑キャンプしていた河原の近くにあった謎の水場、馬でも洗うのかな?
f:id:taka-shikao:20190928171554j:image↑昼ごろに雨は止んだが凄い雲だ
f:id:taka-shikao:20190928171549j:image↑ガソリンスタンド、レギュラー1ℓ200円近くする!高いな
f:id:taka-shikao:20190928171539j:image↑スーパーには何故か韓国系のインスタント麺が多数!
f:id:taka-shikao:20190928171559j:image↑綺麗なスーパーだ、物価はスイスよりも少しだけ高い。恐ろしい国だ
f:id:taka-shikao:20190928171605j:imageマクドナルド発見!本当にどこにでもあるな〜

 

リヒテンシュタイン観光〜

f:id:taka-shikao:20190928171632j:image↑インフォメーションセンターで
f:id:taka-shikao:20190928171720j:image↑記念に入国スタンプが約300円で押してもらえます!
f:id:taka-shikao:20190928171637j:image↑記念撮影用の椅子の後ろのマネキンが元気玉を、、!
f:id:taka-shikao:20190928171648j:image↑伝統衣装はドイツのミュンヘン付近の衣装にそっくり
f:id:taka-shikao:20190928171704j:image↑なにやら銅像が、しかし花が綺麗だ!
f:id:taka-shikao:20190928171716j:image↑記念撮影もしましょう
f:id:taka-shikao:20190928171712j:image↑中心街、しっかし天気が悪いなぁ
f:id:taka-shikao:20190928171742j:image↑丘の上にお城があしましあ、リヒテンシュタインはあちこちに城のような立派な建物があります、貴族の国ですね
f:id:taka-shikao:20190928171729j:image↑城の造りはとても堅牢、こりゃ攻め込むのは大変だ!
f:id:taka-shikao:20190928171725j:image↑丘の上のから素敵な街並みを見渡せます
f:id:taka-shikao:20190928171735j:image↑さて、日没前にもうひと移動
f:id:taka-shikao:20190928171642j:image↑湧き水かな?飲料水がしっかり分かれている、フィルターでも通しているということかな?

f:id:taka-shikao:20191001052125j:image↑森の奥の東屋、森の奥すぎて誰にも会わなかった

 

そんな感じにリヒテンシュタインは1日で通過です

物価高すぎるしね〜

 

 

・糸冬・

【スイス11日目】スイス脱出

・Swiss day 11

f:id:taka-shikao:20190928061756j:image↑スイス最後の買い物はビールと変なビスケット、高い!

Falera〜Bahnhof Trübbach(リヒテンシュタインとの国境にある町)
・走行距離

65km 

・コンディション

雨/曇り

軽い頭痛

・宿泊地 (標高)

国境付近の河原(550m)

・出費

8CHF

 

・今日の出来事

〜素敵な別荘を後に〜

午前中はあいにくの雨

昼まで小屋でゆっくり過ごす

f:id:taka-shikao:20190928062052j:image↑買ったばかりのビンテージBMW

こいつとヨーロッパ中駆け巡るのか!?f:id:taka-shikao:20190928062223j:image↑寝ていた二階の寝室、シングルベッドをくっつけてキングサイズに
f:id:taka-shikao:20190928062047j:image↑棚には酒が並ぶ、渋い
f:id:taka-shikao:20190928062114j:image↑もちろん薪ストーブ!少しの火で小屋中暖かくなる。
f:id:taka-shikao:20190928062132j:image↑出来る限り家具は手作りだそうな
f:id:taka-shikao:20190928062043j:image↑キッチン、水は近くの湧き水から、なんて恵まれた環境
f:id:taka-shikao:20190928062200j:image↑洒落たキャンドル置き
f:id:taka-shikao:20190928062249j:image↑あぁ、夢見たいな小屋だった

いつか日本でこんな秘密基地を作りたい!

 

〜川沿いをサイクリング〜

スイスとリヒテンシュタインの国境には川が流れていて

その両サイドに快適な自転車道

天気も持ち直し、気持ちよくこいだ

f:id:taka-shikao:20190928062352j:image↑う〜ん、リヒテンシュタイン側に山ばかり
f:id:taka-shikao:20190928062427j:image↑川沿いの道、ダートだが走りやすい
f:id:taka-shikao:20190928062328j:image↑不意にアウトレットモールを発見!

買う物は無いけどふらりと立ち寄る
f:id:taka-shikao:20190928062344j:image↑可愛い食器を発見
f:id:taka-shikao:20190928062315j:image↑短期旅行できていたら買ってしまいそうだ
f:id:taka-shikao:20190928062508j:image↑スイスとリヒテンシュタインの国境の河原でキャンプ
f:id:taka-shikao:20190928062348j:image↑スイス脱出祝いにビールとソーセージ

 

 

・糸冬・